google-site-verification: google3493cdb2db9edecf.html
ひでの創作集
掌編を中心に書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックが一級街道を走っている。
 外は冷たい風が吹いていた。
 男は蝿が目障りでならなかった。会社を出た時からこの蝿はずっと視野の中にいて飛び回っている。
 目に入らない場所にじっとしてればいいものを顔のそばを旋回したり、額に止まろうとまでしてきた。
 そこまではまだよかった。手で振り払う程度ですんだ。
 だが、ふと気付くと飲みかけのコーヒー缶に止まり、飲み口のあたりをうろついているではないか。
 男は蝿に目を合わせた。ふいに女の顔が蘇った。

 ――蝿のようにまとわりついて困ってる・・・!

 昔、好きだった女は共通の知り合いにそう告げた。出来れば自分に直接ぶつけてほしかった言葉や感情だった。
 また思い出してしまった・・・しばらく後悔に苛まれそうで男は舌打ちした。
「こいつ!」
 蝿があの女の化身のように思えてきた。男は蝿を叩き落とそうとした。
 だが、蝿は男の襲撃を難なくかわした。
 おかげで反動がきた。ハンドルを持つ手が一瞬狂い、トラックは中央分離帯にあやうくぶつかりそうになったのだ、
 蝿に逃げられ、トラックの破損事故まで起こしそうになって男は頭に血を上らせた。
 運転席の窓をあけ、飲みかけのコーヒー缶を中央分離帯の草むらへ投げ捨てた。
 傍らのタオルを手にし、蝿を見つけてはそれで叩き落そうとした。しかしトラックを走らせながらの狙い撃ちはうまくいかない。蝿は男をあざ笑うように「さあ、またどうぞ」とばかり元の場所に戻ってきたりした。
 とはいえこいつとこの空間を共有するのは一時でも耐えられない。 
 男は窓をあけ外への誘導を試みた。だが、外の風はあまりに冷たい。顔がすぐ凍りつきそうになる。そんなところへこいつが飛び出していくわけもないことだった。
 両方の窓を全開にすればこいつは風の冷たさにしびれ、いずれ外へ飛び出すことになるかもしれない。だがその前にこっちがやられてしまう。
 あきらめて窓を閉める。
 しかしどうにも癪に障る。こいつを何とか追っ払う方法はないかと男は考えた。
 こういう時のため殺虫剤も用意するとしよう。だがそれよりまず自分をバカにしているこいつをやるのが先決だ・・・!
 いろいろ悩んでいるうちに蝿の姿は見えなくなっている。
 その後、蝿は姿を現さなくなり、ラジオの音楽がしっかり耳に入ってくるようになった。しかし、頭の片隅で蝿の存在は居座り続けている。
「おとなしくしたからってここから生きて出られると思うなよ」
 音楽のリズムに心地よくなりながらも男は無意識につぶやいた。

 前方にコンビニの看板が見え、喉に渇きと空腹を覚えた。
 今日は早めに昼めしとするか・・・男は車線を変更し、駐車場にトラックを乗り入れた。
 トラックから降りると男は早足でコンビニの出入り口に向かった。額にタオルを巻いた男がドアの取っ手を引いて入って行くのが見える。
 ドアは戻って閉まった。それを右手指先の甲で押して入ろうとした。別にすばやく手を動かした感覚はなかった。だが、指先の甲が樹脂のドアに触れた時、人差し指の甲に豆粒ほどの柔らかな感触が伝わってきた。瞬間、男は腕と手の力を抜いた。
 すると人差し指の甲から何かが滑り落ちていった。
 足元を見て男は妙な気分に陥った。人差し指から離れて落ちていったのは蝿だったからだ。
 自分はわけのわからないうちにこいつをやってしまったらしい。ドアにへばりついていたものの寒さで動けなくなってしまっていたのか。
 男はコンビニに入るとまずトイレをすませた。弁当と缶コーヒーを買い、思い出して殺虫剤も買い足した。
 駆け足でトラックに戻り、ドアを開けるとひどくあわてたように蝿が外へ飛び出していった。ドアのガラスにでもとまっていたのか。
 蝿はすぐ行方をくらましたが、こっちの意図を見抜いて逃げ出したようにも思え、何ともこっけいな気分が男の胸にこみ上げた。

千円の指輪
 


 酒場の店員と振られた女の話をしていると、隣で話を聞いていた男が言った。
「さっきからあなたの話を聞いていたが、女は追いかけない方がいいと思うぜ」
 このままじゃ失礼と感じたか、男はかけていたサングラスをはずした。
 中年で肥満も進んでいてどう見ても女に持てるタイプではない。
 せっかちで女に逃げられてばかりの彼はこの男がどんな話をするかに興味を覚えた。
 彼の表情を見て男は話を続けた。
「女というのは眺めているだけならじっとしてそこを動かない。だが、接近を図るとゴキブリのようにあわてて逃げだす。そういう生き物だ。女はむやみに追いかけるものじゃないのさ」
 彼は鼻をふくらませた。だからどうするというのだ? こっちが聞きたいのはそんなことじゃない。
「では、どうやって女を口説く? 眺めているだけでは進展があるとも思えないが・・・!」
「失礼だが、あなたは金持ちかい?」
「金持ちなら苦労はしない。野暮なことは聞かないでくれ」
「そうでしょうな」男は首を縦に振った。「私と同じだ。それなら話もしやすい。女を口説くのに金の類はそれほど大した意味を持たない。価値を利用するただのツールに過ぎんのです」
 男は懐から金の指輪を取り出した。
「私はいつもこれを使っている」
 彼は思わず吹き出しそうになった。
 大上段の話を切り出した割にはありふれた手段を行使するらしい。
「どういう風に?」
「そばにいる時これを指にはめてチラつかす。チラつかして自分の世界をひたすらアピールする。これ、じつはメッキで、散りばめてあるのもダイヤモンドじゃなくてガラスだが、そんなことは問題じゃない。問題は女に対して本気だと思わせることだ」
 彼は口を開けた。
「反応がないけど何か疑問でも?」
「そんなものあげたって、偽モノだってすぐバレるんじゃないの?」
 男は指輪を自分の小指にはめた。
「あげるとはひとことも言ってない」
「・・・?」
「言っただろ。問題は女に対して本気だと思わせることだって。女はやたらな接近は嫌うが、自分を売り込み続ける男から離れていくことはない。むしろ次第に興味を惹かれるようになる」
「・・・」
 この男を理解しかねて 彼はボーイを見た。店員はただニヤニヤしている。男は話を続けた。
「小鳥のメスはオスが自分に向けてするダンスをじっと眺めているだろ? あれと同じだ」
「で、何をやればいいんだ?」
「まあ・・・人間は鳥ではないから、もちろん工夫がいる。これは千円も出せばおつりのくるシロモノだが、これが偽モノとバレた頃に行動を起こすわけだ。億万長者に五万円のネックレスを買ってもらっても女は大して喜ばないに違いない? むしろ、苛立ちを強くするだけだろう。しかし、千円もしない指輪をはめている男が三万円のネックレスを持って女にぶつかっていったらどうなると思う。試してみる価値はあると思わないか?」
 そう言い終ると男はトイレに立った。
 男がトイレに消えるのを見て彼は店員に訊ねた。
「あの人はここの常連さんかい?」
「はい。時々やって来られます」
「何やってる人?」
「手にしてた指輪などを売って回っているようです」
 彼は呆れた。笑いがこみ上げた。
「面白い人だ・・・!」
 男が戻ってくると手にしている指輪を売ってくれと切り出した。
 これは大事なものだから、と男は渋ったが、彼は千円を押し付けてその指輪を手にした。それから笑わしてもらったお礼に酒を一杯おごった。
 そして勘定をすませ、気分もよさそうに店を出て行った。
 店員は男に訊ねた。
「彼はあなたの言ったことを試してみると思いますか?」
「どうだろう・・・自分のかみさんつかまえたことが、また起こるだろうかという話だからね」
噴水

 便器販売と設置業務の小さな会社を営んでいるAは無類ののん兵衛である。いろんな理由をつくって取引先の人間や友人らと飲み歩く。そんな彼がもっともくつろげるのは、幾人かの社員らと飲みに繰り出す時であった。
 翌日が休みのある日、Aは社員らを連れて街へ繰り出した。
 イルミネーションの飾られた歩道にどこからともなくジングルベルの音楽が流れてくる。
 今年は昨年の業績を挽回したこともあって彼は上機嫌だった。
「さあ、みんな、遠慮せずに飲め。酒は俺のおごりだ。いくらでも飲め。その代わり、食い物は別勘定だからな」
 社員らは互いに顔を見合わせ、笑いを噛み殺した。みなにごちそうを振舞う前の彼の冴えない決まり文句だからだった。
 遠縁としてここで働くBをAはかわいがっていた。一人娘を遠くへ嫁に出し、息子のいない彼はそのうちBに会社を任せてもいいとさえ考えていた。
 社員らを飲みに連れて出ても、大半の者は一次会で帰っていってしまう。酒がまわりだすと仕事一途で生きてきた彼の話は、次第にその話一色に染められてくる。しかも誰かをつかまえて説教を始めたりするので、それを嫌い、頃合を見て彼らは次々と退席していってしまうのだった。
 無理して付き合った者も、たいていが気分を悪くして最後は帰っていく有様になる。
「何だあいつらは。自腹切って飲み食いさせているのに付き合いが悪いな。仕方がない。気分直しにもう一軒いくか」
 店を出てふらつくAをBは肩を入れて支えた。
「社長、そろそろ酒も仕事の話もお開きにしませんか。もう、足にきてますよ」
「何のこれしき。この程度でくたばっていてはこの不況を乗り切れるものか。レッツ・ゴーッ!」
 そう言って彼はこぶしを上に振り上げる。
 Bはやむなく彼にしたがった。
「若さを気取るのもいいです。だけどあとで反動が来ても知りませんからね」
 次の店でもAはまた便器の話を始めた。
「いいか。便所だってこれからは利便性だけでなく快適性も追求していかなければいけない。そのためには思い切った斬新なアイデアも必要になってくる。見ていろよ。そのうち俺もみんなが驚くような便器を自分の手でつくってやるから・・・」
 ほかのテーブルから呆れたような視線が飛んでくる。前方だけでなく、背後からもそんな視線を感じながらBは耳を赤らめていた。
 さんざん言いたいことをしゃべってAは時計を見た。
「さて、お次へ行くか」
 席を立ってふらつくAを支えながらレジに向った。Aが出した財布から札を取り出してBが清算をすませた。
「飲むのはもう無理です。お開きにしましょう」
 説得を続けながら外へ連れて出ようとすると小便をすると彼は言いだす。
 ふらつく彼の腕をあわてて取った。
 こんなに酔っていては一人行かすわけにいかない。店員に場所を聞き、連れて行ってドアをあけ、彼をトイレへ送りいれた。
 Aは鼻歌をうたいながら中に入っていった。
 Bはほっと胸を撫で下ろす。彼の酔いも最終段階に入ったようだ。饒舌のあとは歌をうたいだし、楽しそうになっていくのがこの人のパターンなのだ。
「タクシーを拾うにはやっぱり駅前まで出なきゃいけないかな・・・それともそのへんで拾えるかな・・・」
 Bは彼が小用をすませて出てくるのを福々しい思いで待った。
 しかし、彼は一向に出てこない。何かぶつぶつ言い出しているのが聞こえる。Bはその声に耳を傾けた。
「いやー、まいった。これはすばらしい。鏡付きの小便器とは・・・快適性もここまで追求されてきたか・・・しかし、難点は・・・ここの位置が高すぎることだ。これじゃ小便をするのが・・・」
 Bは「あっ」と叫んでドアを開けた。中へ踏み込んだ。
 しかし、遅かった。手洗いに向けて勢いよく噴水が上がっていた。
安物の首飾り
 
 Mは部下のA子と不倫していた。しかし、周囲で二人の関係を怪しむ声が聞かれるようになった。A子の態度にもなれなれしさとわがままが鼻につくようになっていた。
 休日のある日、クリーニングに出すスーツの話を妻としていたら、スーツのポケットに入りっぱなしだった携帯が鳴った。取り出して開いたらA子からのメールだった。
「誰からです?」
 妻に尋ねられ、Mはとっさに男の名をあげた。取引先の人間だ、と付け加えた。仕事の話、といえば妻は引き下がるところがあった。
 ひやりとさせられたMは携帯を握りしめてタバコを買いに出た。A子からのメールを削除して、そろそろこの関係も清算するべきだなと考えた。
 次の休みの日、MはA子をデートに誘った。
 評判の芳しくないレストランで食事をし、デパートなどを歩き回った。A子は最初にこにこしていたが、Mが何か買ってくれるわけでもなさそうと知って不機嫌になりだした。
「ねえ、何なのこれ?」
 歩き回るだけのことにA子は怒りの表情になった。
「気がつくとひと駅歩いてしまっているね」
「どうしたっていうの」
「今までの逆をちょっとやってみた」
「えっ?」
「君がこれまで私を連れまわしたことのさ」
 A子にそう言うと、Mは目の前のアクセサリーの店に入っていった。店は若者で溢れていた。そこで自分の好みだが安物の首飾りを買って彼女に与えた。
 あっけに取られた様子でA子はそれを受け取り、バッグにぽいと投げ入れた。

 翌日、A子は退勤するMを近くで待ち受けていた。Mの姿を見るとメールしていつものカフェルームに呼び出した。
「昨日のあれはどういうことなの」
「どういうことって・・・言っただろう。今までの逆をやってみたって。他意はないよ」
「あのレストランも?」
「このところ冠婚葬祭などで出費が嵩んでいたし、懐具合が寂しかったんだ。僕は家庭のある身だというのを忘れないでくれ」
「だけど、あの首かざりはないでしょう。たった三千円。三千円の安物よ」
「そうだな。贈り物と真心は鏡に映せ、ってね」 
 Mの言葉にA子は怪訝そうにした。
「無名作家の小説の中の一文だ。言い得て妙だと思わないか? 外国旅行でいつだったか君が買ってきてくれたネクタイ・・・あれはいくらだった?」
「・・・」
「真心が数字に置き換わるようになったら、男女の仲も終わりってことじゃないのか」

 二人は駅に歩いて電車に乗った。混んでいたが、次の駅で二人は席に座れた。車内はまた混んできて、老人が目の前に立った。
 MはA子に席を譲るよう促した。
 A子はいやそうな表情を向けてきたが、もう一度仕草で促した。老人に席を譲ったA子は怒りの視線をずっとMに向けていた。
 彼女の視線を避けてMは目を閉じた。電車は心地よく揺れ続けた。
 やがてMが目を開けた時、そこにA子の姿はなかった。
ジャンケンNOW
5人の女の子と合コンを始めた男たちが、女の子らが席を外した間に相手選びを始めた。ジャンケン、ジャンケン、ジャンケンNOW。
copyright © 2005 ひでの創作集 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。