google-site-verification: google3493cdb2db9edecf.html
ひでの創作集
掌編を中心に書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安物の首飾り
 
 Mは部下のA子と不倫していた。しかし、周囲で二人の関係を怪しむ声が聞かれるようになった。A子の態度にもなれなれしさとわがままが鼻につくようになっていた。
 休日のある日、クリーニングに出すスーツの話を妻としていたら、スーツのポケットに入りっぱなしだった携帯が鳴った。取り出して開いたらA子からのメールだった。
「誰からです?」
 妻に尋ねられ、Mはとっさに男の名をあげた。取引先の人間だ、と付け加えた。仕事の話、といえば妻は引き下がるところがあった。
 ひやりとさせられたMは携帯を握りしめてタバコを買いに出た。A子からのメールを削除して、そろそろこの関係も清算するべきだなと考えた。
 次の休みの日、MはA子をデートに誘った。
 評判の芳しくないレストランで食事をし、デパートなどを歩き回った。A子は最初にこにこしていたが、Mが何か買ってくれるわけでもなさそうと知って不機嫌になりだした。
「ねえ、何なのこれ?」
 歩き回るだけのことにA子は怒りの表情になった。
「気がつくとひと駅歩いてしまっているね」
「どうしたっていうの」
「今までの逆をちょっとやってみた」
「えっ?」
「君がこれまで私を連れまわしたことのさ」
 A子にそう言うと、Mは目の前のアクセサリーの店に入っていった。店は若者で溢れていた。そこで自分の好みだが安物の首飾りを買って彼女に与えた。
 あっけに取られた様子でA子はそれを受け取り、バッグにぽいと投げ入れた。

 翌日、A子は退勤するMを近くで待ち受けていた。Mの姿を見るとメールしていつものカフェルームに呼び出した。
「昨日のあれはどういうことなの」
「どういうことって・・・言っただろう。今までの逆をやってみたって。他意はないよ」
「あのレストランも?」
「このところ冠婚葬祭などで出費が嵩んでいたし、懐具合が寂しかったんだ。僕は家庭のある身だというのを忘れないでくれ」
「だけど、あの首かざりはないでしょう。たった三千円。三千円の安物よ」
「そうだな。贈り物と真心は鏡に映せ、ってね」 
 Mの言葉にA子は怪訝そうにした。
「無名作家の小説の中の一文だ。言い得て妙だと思わないか? 外国旅行でいつだったか君が買ってきてくれたネクタイ・・・あれはいくらだった?」
「・・・」
「真心が数字に置き換わるようになったら、男女の仲も終わりってことじゃないのか」

 二人は駅に歩いて電車に乗った。混んでいたが、次の駅で二人は席に座れた。車内はまた混んできて、老人が目の前に立った。
 MはA子に席を譲るよう促した。
 A子はいやそうな表情を向けてきたが、もう一度仕草で促した。老人に席を譲ったA子は怒りの視線をずっとMに向けていた。
 彼女の視線を避けてMは目を閉じた。電車は心地よく揺れ続けた。
 やがてMが目を開けた時、そこにA子の姿はなかった。
ジャンケンNOW
5人の女の子と合コンを始めた男たちが、女の子らが席を外した間に相手選びを始めた。ジャンケン、ジャンケン、ジャンケンNOW。
間違いでしたらすみません

 男は同僚と別れ、急いで帰宅の途についた。片道二車線の街道を車で走るのは久しぶりだったが、帰る方向は同じなので気にしないで運転を続けた。
 やがて男は自宅前に車をたどり着かせた。車庫には妻に入れてもらうことになる。
 ところが車の外に立った男は我が目を疑った。
 我が家とそっくりの家がもう一軒建って並んでいるではないか。
 男はやむなく庭先のインターホンで確認を取ることにした。
「間違いでしたらすみません。こちらは酔狂さんのお宅でしょうか?」
「何言ってるんです。どちらもあなたのお家じゃありませんか」
 妻の怒ったような声が返ってきた。
愛について
  ある居酒屋で二人の男が恋愛論に花を咲かせていた。
 話がすべて出尽くした後、年配の男は酒臭い息とともにこう若者に切り出した。
「女という人種に対しては、男の立場から言うなら、愛しています、などとは決して言い出さないことだ」
 若者は先輩に対しはなはだ不満を抱いた。
「どうしてです? その言葉は男に背負わされた役割であるような気がしますが」
 すると彼は哀れな子羊を見るような目になった。
「それだ。その姿勢がいけない。子供を産むこと以外、人生にこれといった夢や目標を持たない女にとっちゃあ、この言葉くらい魅惑的な言葉はないじゃないか。これを聞かされたとき、女はおしなべて、キラッ、と目を輝かせるらしいが、俺の女房もその例にもれなかった」
 若者はなおも不満そうである。
「だけど、女たちの幸せの境地はそこにあると思うのですよ」
「無垢なんだ、君は」男は嘆息した。「若い男はみな女たちのうら若い健気さにだまされる。三十年前の俺がそうだった。女房の大きな尻の下で、今はその、愛の力、ってやつをギュウギュウ試されているがね」
最高の気分
    若いカップルがフランス料理店で食事をしていた。円いテーブルの上には豪華な料理が並んでいた。
「今夜は最高にいい気分だ」
 男は女に向かって言った。
「酒は上等だし、料理は極上だ。その上、素敵な女性が目の前にいる」
「私もよ」
 女はうっとりした目を男に向けた。
「私もあなたと同じように最高に素敵な気分を味わっているわ」
 すると、男は驚いて後ろを振り返った。
「ど、どこにそんないい男がいるの!」
copyright © 2005 ひでの創作集 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。